本文へスキップ

Forest Instructor Association of Japan

「明治伐木運材図絵」を通して明治の山仕事を読む4

執筆:羽鳥孝明氏(東京5-0145)

「明治伐木運材図絵」を通して

 
図1 杣の図
 
図2 詞書き
時期により杉や檜は屋根用の皮をはぎとる。玉切ったものは大鉞(だいえつ)にて角材に直すのである。曲(かね)の裏尺をあてれば尺角、尺二角がとれると解っても此のまさかりは素人には使へない。

 皮を剥ぎ取る画は次回にあるので、そこでの説明にします。ここの画は玉切と大鉞で角材をとるところです。
 ここでの玉切は2本の木に乗せて切っています。前回の画と違って、この切り方が一番安定していてよいのですが、山の中でこのような場所を探すのは結構大変なことです。但しこの画は切り株があるので、山の中の平らなところなのでしょう。
 このように木を大鉞で角材にすることを杣切(そまきり)といったりします。この作業をする人を杣(そま)といいます。杣という言葉は広義には「キコリ」のように山で仕事をする人をさします。狭義には「杣角を造る人」という意味になります。ここでは杣角を造る人という意味で使います。
 「曲の裏尺をあてれば尺角 尺二角がとれる」とありますが、曲(かね)とは曲尺(かねじゃく)・差矩(さしがね)・差金というものです。L字型の物差しです。丸太に向かって右側の人が持っているのが曲尺です。ちなみに左側の人が持っているのが墨壺です。L字型なので、直角をはかることができます。また曲尺は尺貫法ですので寸・尺単位で刻まれています。表面が寸・尺単位で刻まれていて、普通の物差しのように使います。裏面が「裏尺(うらじゃく)」となります。裏尺は丸目(まるめ)と角目(かくめ)があります。丸目は表の目盛りの3.142倍で直径の円周が出るように刻んであります。角目は表目盛りの1.414倍の単位で刻んであり、直径から尺角(正方形の角)のいっぺんの長さがでるようになっています。末口の直径を測れば、何寸角がとれるか解るようになっています。左の二人の右側の人がその作業をしているということです。そして、この作業はサキヤマの仕事でした。幹がまっすぐなわけはありませんから、その曲がりを考慮に入れながら角の大きさを決めていきます。その指示に従って、左側の人が墨壺の糸を張り、手を放して直線を引きます。この線が杣が鉞で削る位置となります。この削り線を四方につけて杣に木を渡します。
 渡された木を杣は輪台(厘台・りんだい)に乗せて固定します。右の二人の杣が乗っている木の下に置いてある木が輪台です。できるだけ平らになるところを探します。その上に木を乗せるのですが、それはそれで木は丸いのですから、大変な技です。またその上にのぼって鉞を振るって木を削るのですから、安定の悪さは想像ができます。鉞は振るのではなく、振り子のように振り下ろすようですが、足を切ってしまう危険は避けられません。杣は特殊技術の持ち主で伐採夫よりよい手当が出たと聞いています。だから、「尺に角がとれると解っても此のまさかりは素人には使へない」。
 このような杣切がいつ頃なくなったのでしょうか。製材工場の出現と共に、初期には一面だけ杣削りをした材を入れていましたが、それも必要がなくなってきます。西多摩では、鉄道が始まると多摩川筋の筏運送がなくなってきました。それとともに、枕木作りの一部が残るが、杣角の用途がなくなってきました。筏後も足場丸太の足を削るぐらいの仕事はあったが、それは杣の余技のようなもので、それも次第になくなっていきました。製材工場と筏がキーワードのような気がします。
 ちなみに杣の使う鉞を広刃(ひろは)といっていました。西多摩では杣斧(そまよき)といいます。
広刃の写真

付録

子供が描かれていますが、杣の削った木っ端を燃やし木とするために拾っています。犬もいます。里から近い現場だったと思われます。子供達もできる仕事を手伝っていた時代であった、男の子も女の子も。
 西多摩の話です。子供だった頃(昭和初期)家の前で枕木を杣が削っていたんだよ。母親がバケツを持って木っ端を貰ってこいと行かされたもんだよ。大人が行くとお礼をしなければならないから、子供ならそんなことしないで済むからと。嫌だったなぁ。よく行かされたよ。
 その当時の燃料は木であった事を忘れてしまっていますが、今と昔との山の価値が大いに違っていたということです。山から出るものはすべて生活必需品であり、商品でもあったと言うことです。下刈りで刈る草も、除伐で切り捨てている細い木も大事なエネルギーでした。現在のように山から出る材木だけが商品であったわけではなかったことは、昔の山、林業を考えるのに忘れてはいけないのではないでしょうか。昔はよかったという林業は、山の中にある物は何でも売れたということと関係をしていたのでしょう。決して材価だけの問題ではないような気がします。
杣削りの写真です。鉞は改良型のものです。
映画「飫肥杉の一生」(昭和三十年代KK川越本店によって制作)より

続き

山の古文書を読む講座の続きはこちらから

イベント
活動報告
生物多様性と子どもの森
グリーンウェイブ参加登録
会員が書いた本
森林インストラクター地域会
Newsを考察
安全管理
サイトマップ

一般社団法人 日本森林インストラクター協会

〒112-0004
東京都文京区後楽1-7-12
林友ビル6階

アクセス


TEL/FAX  03-5684-3890    

問い合わせはこちらから